« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月29日 (金)

【腹痛】

腹部が突然急激に痛む場合は、これまでお話してきたホメオパシー的急性症状でない場合が考えられます。激しい腹痛に、吐き気・嘔吐・下痢・発熱・けいれん・昏睡などが伴う場合は、時として緊急の外科的処置が必要になることもあるでしょう。しかしここに至るまでに体はいくつかのサインを出し、それに気づかなかったり、意識的に避けたり、薬で抑えてきた結果とも考えられます。「ローマは一日して成らず」というように、胆石も1日で作られるわけではありません。胆石ができても、胆のうの中にある間はあまり痛みません。痛みは、胆石が胆のうから押し出される際に、右肋骨下に、特に食後にあらわれ、発熱・黄疸を伴います。(腹痛の原因が尿路結石によることや結石の出来る場所によって腰や背中が痛むこともありますが・・・)この激しい症状がでる以前から胆汁成分が結晶化し、結石をゆっくり形成している間、既にホメオパシー的慢性症状だったのです。全ての人が結石症を患うわけではなく、部位はともあれ体内で石を形成しやすい人は、精神や肉体にもその特徴を日常的に表現しています。たとえばCalc-carb.カルカーブやLycopodiumライコポデアムの人達です。このような特徴からその人を読み取り、病気への罹りやすさを改善してゆくこともホメオパスの大切な仕事といえます。

現代医学の中に、プライマリーケアという考え方があります。これはPrimary health careプライマリー・ヘルス・ケアの略で、基本的保健医療と訳され、私たちの最も身近な医療のことです。つまり体調管理・治療・予防などに関して、日常的に相談できるかかりつけ医や診療所のことです。この基本的医療と病院やさらに高度先端技術を提供する専門的医療を包括した最善の医療を行うという考え方です。現代医療は技術の高度化・専門化によって進歩した反面、日常的な症状や慢性病・予防医療・病後のケア・リハビリテーションなどの継続的かつ全体的な地域医療については多くの課題がある状況です。今後ホメオパシーがプライマリーケアの一端を担えればよいと考えずにはいられません。

自分自身の健康を医療という名の他人に委ね、無頓着になってはいけません。心や体の発する声に日々耳を傾け、症状としてあらわれた時は真摯に向き合い、そして解決しなければ本当の治癒には至りません。激しい症状を発症する前に、自分の体質や家系的な疾患・精神的なこだわりや弱さなどとうまく付き合う術を身につけなければなりません。人間は病気と無縁には生きられません。人生が病気と共にあるからこそ、健康のありがたさがわかるのかもしれません。症状が出ることに感謝しつつ、ホメオパシーが日常広く健康管理に役立てられるよう、非力ではありますが頑張りたいと思います。

すっかり横道に外れましたが、腹痛のレメディーは下記の通りです。但し、かつてない激しい痛みに冷や汗・嘔吐・けいれん・排便がなくオナラも出ない・血便等がある場合は、早急にホメオパスや医師に相談しましょう。

【腹痛】

Belladonnaベラドーナ     ・・・・・体を後に反らすと楽になる、ズキズキ拍動するような腹痛。

Bryoniaブライオニア      ・・・・・石のように重く、少しの動作で悪化する場合に。

Carb-veg.カーボ・ベジ     ・・・・・下腹部が重く、ゲップがたくさん出るときに。脂肪の多い食後の症状にも。

Chinaチャイナ          ・・・・・胃が張ったように感じる腹痛。果物から生じた場合にもよい。

Lycopodiumライコポディアム ・・・・・ガスで腹部がゴロゴロと鳴り、大きな音のオナラが出る腹痛。パン・豆・牡蠣で悪化する場合にも。

Mag-phos.マグ・フォス    ・・・・・腹痛の代表的レメディー。温めることや体を折り曲げる姿勢で和らぐときに。

Nux-vomicaナックスボミカ  ・・・・・胸焼けや吐き気を伴う腹痛。贅沢な食事・食べ過ぎ後の症状に。

Staphsaguriaスタッフサグリア・・・・・屈辱・怒りから起こる腹痛に。

この他、36キッズ・キット中のCuprumキュープロム(けいれんする様な痛みに)や Veratrumバレイチュラム(激しい悪寒や下痢を伴う腹痛に)もよいです。

|

2006年9月25日 (月)

深呼吸のすすめ

2006年5月23日◆Cantharisカンサリス・Carb-vegカーボ・ベジの回で、現代人は呼吸が浅くなっているとお話しましたが、これは酸素を体内に取り入れることで生命維持している人間にとって好ましくない傾向です。酸素は、食物栄養素から生命活動に必要なエネルギーを体が利用しやすい形にするための生体内化学反応に不可欠です。酸素は単に外界から取り入れた酸素と体内で生じた二酸化炭素とのガス交換(外呼吸)のためだけでなく、血液によって体を構成するあらゆる組織に運ばれ、60兆個もの細胞に吸収消費されるのです。各細胞でもガス交換は行われ、老廃物としての二酸化炭素を血液中に溶かし、肺に送り外呼吸によって体外へ排出されます。このガス交換(内呼吸)が低下し、二酸化炭素が体内で過剰になると、各細胞の活動に支障をきたし、さまざまな障害を招きます。いかに酸素が生命維持に重要かわかりますね。しかしこの酸素をあまり必要としないのが癌細胞です。一説によると、癌組織には正常組織の約1/5の酸素しかなく、多少酸素が不足しても増殖に支障がないそうです。現代人の浅い呼吸と増加する癌疾患には何か関連があるかもしれませんね。

5/23に紹介した、深い呼吸ができているかのチェックテストを久しぶりにやってみたところ、ティッシュ1組しか吸い上げられませんでした。これは「やや浅めの呼吸」となり、マズイ状況です。それでも習慣的に運動をすることが困難だと考えるのは、私だけではないでしょう。そこで1日3分間の『深呼吸タイム』を取り入れてはいかがでしょう。電車を待つ間、会社の昼休み、幼稚園バスを待つ間、野菜を茹でている間、寝る前などいつでもOK。リラックスした気分で、息を吸えるだけ吸い込み、吐けるだけ吐く。最初は、肺いっぱいに吸うことが苦しかったのですが、次第に楽に吸えるようになります。体が風船のように大きくなるイメージで、出来るだけゆっくりと吸い込みましょう。また息を吐く場合も、ゆっくり限界まで吐ききりましょう。ここで吐ききらないと、次に吸うことができません。1回3分、できれば1日に1~3回の深呼吸で健康な体の維持ができるなら、こんな楽なことはありません。無理せず、継続することが重要です。まずはいっしょに、1日3分から始めてみませんか?

|

2006年9月15日 (金)

◆Ledumリーダム◆Lycopodiumライコポディアム

Ledumリーダムは使用頻度こそ高くありませんが、大変実用的なレメディーです。お尻に打った注射痕が硬いしこりになっているという知人に、このLedumリーダムを出したところすぐに効果がありました。精神的にいじけたところがあるので、外から加えられた危害(注射・殴打・動物の噛み傷など)が細胞レベルで許せないため、すねて治ろうとせず、紫や青黒いアザとなります。Lycopodiumライコポディアムは前述のArg-nitアージニットに似て、心配性で自信欠如がみられます。また腹部がゴロゴロ鳴る胃腸障害もよく似ています。しかしArg-nitアージニットは、不安(それが単なる空想でも)から症状を起こし、慌てふためいてパニック状態になります。症状の多くは左側に現れ(Lycopodiumライコポディアムは右側)、共に甘い物好きですが、Arg-nitアージニットは甘い物で症状が悪化し、Lycopodiumライコポディアムは悪化しません。選択に迷ったら、上記のことを思い出してください。

◆Ledumリーダム/野生ローズマリー

打撲による青黒いアザ・刺し傷・噛み傷

精神:他人への恐怖心があり、人嫌い。痛みで気難しく、体が冷たいのに外部の熱に耐えられない人。

身体:刺し傷や打撲に有効で、Hypericumハイペリカムと似ているが、Ledumリーダムは黒や紫色のアザが特徴。目の周りのアザ・注射によるアザやしこり・虫刺され・動物の噛み傷のほか、冷やすことで痛みが和らぐリウマチや痛風にもよい。

悪化:暖かさ・夜・動作・強いアルコール

好転:冷たい物・休息

◆Lycopodiumライコポディアム/苔杉

自信の欠如・消化器/肝臓/腎臓の問題・夜尿症

精神:人前での講演や発表会前に不安に陥り、消化器系の不調を訴えるインテリタイプ。自分の力を信じることが出来ず、それを露呈したくない。権力に弱く、地位を欲するため努力もするが、手に入れると傲慢になりやすい。内弁慶。

身体:ガスが溜まりやすく、腹部の膨満感やゴロゴロ鳴る鼓腸に有効。症状はガスを発生させる食物(パン・キャベツ・豆類など)で悪化し、胸焼けやゲップが上がる。下痢や胃腸障害以外にも頻尿・夜尿症・尿に沈殿物がある場合などの泌尿器問題や乾燥する皮膚疾患にもよい。

悪化:衣服の圧迫・熱気・人前や責任・16~20時

好転:温かい飲物・ゲップ・排尿

|

2006年9月 7日 (木)

用を雑にすると雑用が生まれる(布ナプの手間について)

前回布ナプキン(略して布ナプ)を紹介しましたが、実は私自身も市販のケミカル・ナプキンから布ナプへの移行に躊躇があったことを白状します。元来、何でもめんどくさがりで、「じゃまくさい(面倒くさい)」が口癖の私としては、日々の雑用が増えることは避けたいというのが本音です。そんなわけで、かなりよいらしいと知りつつもなかなか移行できずにいました。これには理由(言い訳?)もあって、最初に布ナプを教えてくれた友人は、まずネル生地をびわの葉で染色し、裁断・縫製をしていたのです。近所にびわの木などありませんし、それより何より、防水シートや吸収体が入っていませんから何枚も重ねて使用する必要があり、洗い替えの分も合わせるとかなりの枚数を製作せねばなりませんでした。この時点で挫折しそうになる気持ちを抑え、手入れの方法を尋ねると、手作りだからなるべく丁寧に手洗いを、と聞いて、完全に挫折しました。

その後、E-conceptionという会社で販売されている布ナプ・Wemoon(ウィムーン)を知り、ようやく安心して外出でき、つけおき後洗濯機で洗え、ゴミも出さず、ムレやかゆみとも無縁の快適生活を始められることになったのです。しかし購入したこだわりのオーガニックコットンは染みになりやすく、洗濯機に入れる前に予洗いが必要でした。そこに登場したのが「アルカリウォッシュ(家庭用炭酸ソーダ・炭酸塩)」です。今までいくつかの洗剤を試した結果、これでつけおきするのが一番よいと分りました。外出先へも、100円ショップで購入したスプレー容器に、水とアルカリウォッシュを入れて使用済みの布ナプにスプレーし、帰宅後すぐにつけおきします。翌朝、吸収体が吸った血液をよく絞ります。ここ重要です。吸収体に血液が含まれていると、外側から見てキレイでも、染みの原因になりますから、再度水につけて絞ることを繰り返します。後は洗濯機におまかせなので、ゴシゴシ予洗いは不要です。私の愛用ナプは、洗濯を重ね、購入時より風合いがやわらかになってきました。

先日ある方が書いた「この世の中に雑用はなく、私たちが用を雑にした時、初めて雑用が生まれる」という文章を読みました。時間を丁寧に使えば丁寧な人生が残り、ぞんざいに使えばぞんざいな人生として残ります。私たちが日々雑用と考えがちな用は、全て生きるために必要な用であり、その積み重ねが人生です。平凡な日常を丁寧に生きるよう心がけることで、雑用に追われる雑な人生であってはいけないと強く思いました。

当初雑用と考えていた洗濯の手間は、今では健康観察を兼ね、すっかり私の日常になりました。

|

2006年9月 4日 (月)

快適!布ナプキン生活

大手生理用ナプキンメーカーによる生理トラブルのアンケート調査結果には、ムレ・かゆみ(かぶれ)・生理痛・PMS(月経前症候群)の重さ・周期不安定の順で上位が占められています。またその解消法として、「何もしていない(我慢する)」と回答する人が大多数でした。メーカーはこの結果を受け、ムレにくく、かぶれにくい素材として、天然コットン100%の商品開発をし、その後の消費者アンケートで、「使い心地がよい」という調査報告をHPに掲載しています。

最近CMでもよく聞く「肌に優しい天然コットン100%」というフレーズ。消費者も、メーカーも認める品質の高いコットン製ナプキンですが、コットンが使用されているのはパンティーライナー(おりもの用)ぐらいで、その多くはポリエチレン・ポリエステル製です。素材として素晴らしくても、天然原材料の確保の難しさやコストの問題等もあるのでしょう。しかしこれほどよいとされるコットンのナプキン、せっかくですから使い捨てではなく布(コットン)製にしてはいかがでしょう?布製なので、洗って何度も使えますし、通常の洗濯機洗いで5年間使用可能です。経済性が高いばかりか、環境保護の点からみてもゴミが減らせる上、焼却によるダイオキシン発生も起こりません。

最近はメジャーな通販会社でもかわいい小花柄の物が販売されていますが、私が愛用しているのは、オーストラリア製のWemoon(ウィムーン)です。素材はネル・ジャージ生地・オーガニックコットンで、タータンチェック柄・ヒョウ柄・月と星柄など楽しい色柄が揃っています。血を見たくない人や染みが気になる人のために、経血が目立たないルビー色などもあります。機能の面でも優れており、防水シートと吸収体が入っているため漏れませんし、羽(ウイング)に固定スナップ(ボタン)が付いているので下着に固定できズレやヨレの心配もありません。このスナップで留めると市販のナプキンと同じぐらいの大きさにたためるので携帯にも便利です。

友人に布ナプキンをを手作りする人がいるのですが、防水シートや吸収体がないため、外出には不安があったのですが、Wemoonなら機能性は市販品と同様で、ムレやかゆみ(かぶれ)も軽減できました。驚くことに、生理の期間が短くなるというオマケも付いていました。友人の中には、生理痛が軽くなったという人もいます。(この点については個人的な感想ですのであしからず・・・)

こんなにイイものが広がらない理由、それは「洗濯への抵抗感」ではないかと、Wemoon製造メーカー代表(日本人の女性です)は言います。経血を洗う抵抗感という発想は、古くから経血に伴う不浄感、これは月経を穢れとして捉え隠蔽しようとする文化や価値観のために、女性たちは羞恥心や嫌悪感と共に、娘たちに生理というものを伝えてしまったのではないかと。これは日本だけの発想ではなく、キリスト教でもイスラム教でも同様にあるそうです。ただイスラム圏の場合、水を自由に使えないことによる保健衛生上実利にかなった考えとも言えるようです。

しかし現代では抵抗感よりも、単純に面倒ということの方が当てはまるのではないでしょうか。これも「つけおき容器2.2ℓ(Wemoonと一緒に注文可)」と「アルカリウォッシュ(家庭用ソーダ・セスキ炭酸ソーダ)」が解決してくれました。愛用の布ナプキンがオーガニックコットンで生成り色のため、すぐに水につけおきしても染みになりやすかったのですが、容器にアルカリウォッシュと石鹸洗剤(パックスナチュロン)を入れてつけおきすると落としやすいようです。

Wemoon以外にも、Skoon(ニューヨークの女性デザイナーが手がけたおしゃれなエジプト綿製の布ナプキン)・ベイビーハーツ(赤ちゃんの布オムツの技術から生まれたなんと!立体構造の布ナプキン)・シルクダカラ・・・(通気性・吸湿性・放湿性も高いシルク製で、柄がとにかくかわいい布ナプキン)など選択肢はどんどん広がっています。

★布ナプキンWemoonの詳しい情報や購入については下記までお問い合わせください。

http://www.e-conception.org/aromsale/napkin.html

|

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »