« 【風邪・インフルエンザ】 | トップページ | 【消化不良】 »

2006年7月29日 (土)

◆Ignatiaイグネシア◆Ipecacイペカック

Ignatiaイグネシアは失恋の代表的なレメディーですが、その本質は「世の中には手に入らぬものがあることを知ること」です。手に入らぬものへの執着は心に矛盾や葛藤を生みます。手に入らぬものがあるという現実を受け入れ、苦しみを乗り越えることで人は成長します。案外、手に入らないものは必要のないものなのかもしれません。お茶のCMではありませんが、「苦い濃い(恋)より、甘い濃い(恋)」。辛い恋は忘れて、次いきましょう!

Ignatiaイグネシアは別離の苦しみにもよいレメディーです。離婚や死別は大きな苦しみですが、「手放さねばならないものがある」ということも知らねばならないのが人生です。思い描いた理想とは違っても、私たちは歩み続けなければなりません。「なんと人生とは過酷なものなんだ!」と嘆くなかれ。それを取り去るために、自然の中にはレメディーとなる物質が数多く用意されているのですから。

◆Ignatiaイグネシア/イグネチア豆

突然の深い悲しみ・ヒステリー・顎関節症

精神:失恋、離婚、死別などに直面し、深い悲しみから感情のコントロールができなくなっている人。泣きながら笑ったり、急にヒステリックになったり、感情がコロコロと変化する時にも。感受性が豊かでロマンチストだが、慰めらると心にもない言動をする人に向く。

身体:悲観や失望などの心的ストレスから頭痛や痙攣(顔面の引きつりなど)・不眠・拒食や過食傾向・物が喉につかえるなどによい。生理前のイライラや生理痛にも有効。

悪化:突然の不幸・慰め・タバコ

好転:大量の排尿・痛む側を下に横たわる

◆Ipecacイペカック/吐根

激しい吐き気・空咳・真っ赤な出血

精神:疲れのため機嫌が悪く、何をしてあげても満足しない人。顔は青白く、うんざりした表情。他人に近づいて欲しくないと考える。

身体:吐いても吐き気がおさまらない、喉が締め付けられるような強烈な吐き気に適応。嘔吐を伴う下痢・風邪・頭痛・鼻血によい。特に呼吸が苦しくなるほど咳がでて、最後には吐いてしまう時に有効。他に、つわり・出血の多い月経・生理痛にも。唾液分泌が多いことと、舌がキレイなことが特徴。

悪化:湿気のある暖かさ・食べ過ぎ・脂っこい食物

好転:外気

|

« 【風邪・インフルエンザ】 | トップページ | 【消化不良】 »