« 【熱】 | トップページ | 【風邪・インフルエンザ】 »

2006年7月13日 (木)

◆Hep-sulphヘパソーファー◆Hypericumハイペリカム

Hep-sulphヘパソーファーは化膿に対して有効なレメディーです。膿を作りやすい体質に人は、精神的に憎しみの感情が強く、怒りっぽく、極端な破壊衝動があるといわれています。私も思春期に化膿するニキビに悩まされていました。今考えると、イライラと怒りっぽく、考えの浅い衝動的な部分がありました。あの持て余した負のエネルギーを集めてプラスに転じさせ、何か社会的貢献とは言わないまでも、自己の成長に役立てられればよかったなー、などと今更ながら思います。

憎しみや怒りの感情は何も生み生み出しません。このような負の感情に囚われた時の言動は、冷静なときとは違い、後悔をすることになりかねません。レメディーは、囚われてしまう前に、負の感情を流す助けとなるでしょう。Hep-sulphヘパソーファー以外にも、36基本(ベーシック)キットの中には、Chamomillaカモミラ(痛みにより不平不満が多い時や子供のかんしゃくに)、Lachesisラカシス(ホルモンバランスの変化から感情抑制ができず嫉妬深くなる時に)、Nux-vomicaナックスボミカ(他人のミスに厳しく物事がスムーズに進まない時や音・匂いなどにイライラする時に)、Sulphurソーファー(自己中心的で傲慢、他人への思いやりがなくなる時に)、Staphysagriaスタッフサグリア(普段抑圧した怒りが爆発した時に)などがあります。状態にあわせて試してみてください。

◆Hep-sulphヘパソーファー/硫化カルシウム

化膿・神経過敏・寒がり

精神:人間嫌いで触られることを嫌がり、音や寒さに耐えられない。冷気・隙間風にさえ過敏なように、些細な他人の言動に怒りを感じるタイプ。時に口汚く、暴力的になったり、火をつけたいという衝動に駆られる。

身体:蚊に刺されただけで化膿する人だけでなく、一般にニキビ・肌荒れ・あかぎれ・黄色い膿の出る発疹・ものもらいなどに有効。チーズのような分泌物が出る鼻炎・耳炎・歯茎の腫れ・喉の腫れや腺(首・脇の下)の腫れにも用いられる。物が飲み込めないほど痛む時にも。

悪化:冷たさ(外気・冬・隙間風)・接触

好転:熱いもの・湿気のある気候

◆Hypericumハイペリカム/オトギリ草

神経に達する怪我・刺し傷・破傷風予防

精神:難産で生まれた人、事故・怪我をしやすい人、事故・怪我以来の誤字脱字、憂鬱な気分の人。身体のトラウマにより、生命力の半分しか活かせず、性格すら変わってしまった人。

身体:手足の指・目・頭・尾骨など神経が集中する敏感なところの怪我。ドアに指を挟む・爪がはがれる・突き指・くぎやトゲが刺さる・尾骨や頭部の殴打・手術・抜歯などにArnicaアーニカといっしょに摂る。他に神経痛・腰痛・動物による噛み傷や野外でも怪我にも破傷風予防として用いる。

悪化:振動・冷気・霧

好転:静かに横たわる

|

« 【熱】 | トップページ | 【風邪・インフルエンザ】 »