« ホメオパスに相談するには・・・3 | トップページ | 【下痢】 »

2006年6月16日 (金)

ホメオパスに相談するには・・・4

相談日当日は、リラックスして出かけましょう。ホメオパスは相談者に触れたり、痛みを伴う治療はしませんので、安心してください。

相談室に入ると、ホメオパスは和やかに会話をしながら相談者の観察を始めます。
たとえば外見から分る服装や体型、健康状態、表情、肌の状態、歩き方、しぐさやくせだけでなく、言葉遣い、声の大きさや質・調子などその人を表す特徴的なところがないかを探します。
他にも発汗や体臭は重要な場合がありますから、当日は強い香り(香水・柔軟剤・化粧品・アロマテラピーで用いる精油・お香・タバコ・ミントガムなど)や消臭スプレーの使用は控えましょう。

ホメオパスはさらに観察を続けながら、相談者の一番困っている点(=主訴)について詳しく聞いてゆきます。
それはどんな症状か? 
症状についてどのように感じるか? 
いつ始まったか? 
周期的か? 
その症状に伴う別の症状があるか? 
その症状が起こった時期にどんなことがあったか?
どんなときに症状は現れ、悪化するか? などなど・・・。
基本的には、思いついたまま答えるのがよいと思います。
その時思い出せなくても、次回同じことを聞かれることがあるかもしれません。
また記憶があいまいな場合もあるでしょう。
そのときは、ちょうど受験の頃だった、引越しした直後からだ、出産後すぐだ・・・というふうに人生のイベントと結びつけて思い返してみるとよいと思います。
その出来事と症状が始まったことに関連があるかどうか考慮した上で、ホメオパスは次の質問をするでしょう。

日頃、自分の人生を振り返る機会などないため、忘れていることや思い出さなようにしていることが意外と大きな意味を持つことがあります
相談を重ねるたびに思い出すこともあるでしょう。
そしてようやく、子供の頃に受けた予防接種後に腕が腫れたことや犬に噛まれたこと、学校でいじめられたこと、捨て猫を拾ったが飼えなかったこと、父母の仲が悪かったこと、兄弟姉妹に嫉妬していたこと、親が川で拾った子だと言ったこと、初恋が成就しなかったことなどを思い出して、今更ながら腹を立てたり、悲しかったと訴える人も少なくありません。
大人になった私たちは、離婚やリストラなどを人生の大きなつまづきと考えがちですが、もっと以前に、今では些細と思えるような出来事につまづいていることがあるのです。

たとえば生まれてすぐに保育器に入っていた乳児は、母に抱かれることも、母乳を直接与えられることもない場合があります。
胎児のときは母に守れ、安心が当たり前の状態だったのに、急に母と切り離され隔離されたことで、大きな不安に襲われたことは想像に難くありません。
ホメオパシーではここで乳児が「見捨てられた」という感情を芽生えさせ、そこから自信の欠如やさらには自己卑下に繋がると考えたりします。
ですから「保育器に入っていた」などという一見何の関係もない些細と思われることが、現在の相談者の抱える問題の根幹だったりすることもあるのです。
だからと言って、相談者の人生全てを語ってもらうわけにはいきませんし、相談者もホメオパスに役立つ情報を話さなくては、と悩む必要はありません。
ホメオパスが必要と感じれば、語っている途中にも質問をするでしょうから。
相談者は、思い出した小さなことや気がかりなことは何でも、思ったまま、感じたままに話すのがよいでしょう

また「これって私だけ?」というような感覚・行動は、相談者をとても的確に表現する特徴であり、ホメオパスがレメディーを選ぶ上で大きな助けとなります
是非、恥ずかしがらずに話してください。ホメオパスは、それを良いとか悪い、ヘンであると判断したり、追及するものではありません。
相談会でホメオパスは、ただただ相談者の語ることを注意深く聞き取るだけで、相談者が自分自身に必要なレメディーそのものを語るのです

※ホメオパシー健康相談に関するお問い合わせ・ご予約は、下記までお願いいたします。

     リビングプラス
(日本ホメオパシセンター埼玉東川口)

HP  : 
http://living-plus.main.jp/
メール: info@living-plus.main.jp

|

« ホメオパスに相談するには・・・3 | トップページ | 【下痢】 »