« ◆Calc-carb.カルカーブ◆Calendulaカレンデュラ | トップページ | 【便秘】 »

2006年5月13日 (土)

ティッシュソルト(生命組織塩)

以前、ティッシュソルトのセットを例に「レメディーはいつ摂るのか?」(カテゴリー:Q&A、2006年3月29日)で触れたティッシュソルトについてお話したいと思います。

バイタルティッシュソルト(生命組織塩)とは、ドイツ人医師ホメオパス、ウィルヘルム・シュスラー(1821~1898年)によって考え出されたレメディーです。彼は、10種類の元素(カルシウム・カリウム・鉄・マグネシウム・ナトリウム・フッ素・ケイ素・リン・硫黄・塩素)から構成される12種類の無機化合物等(Calc-flourフッ化カルシウム・Calc-phosリン酸カルシウム・Calc-sulph硫酸カルシウム・Ferrum-phosリン化鉄・Kali-mur塩化カリウム・Kali-phosリン酸カリウム・Kali-sulph硫酸カリウム・Silicaケイ素)が人体を司り、この過不足により疾患が生じ、それを補うことで病を治すことが出来ると考えました。ここで使われるポーテンシー*は、12X以下の低ポーテンシーであり、市販のサプリメントのように物質的にカルシウムやカリウムを補うわけではありません。ごく簡単に言ってしまうと、バイタルティッシュソルトは必要なミネラルの過不足を身体に気づかせ、身体本来の機能である吸収を高めたり、過剰分を排泄したりすることで、崩れたミネラルバランスを整える働きをすると言えます。

最近はこれらがコンビネーションされたレメディーが多数販売されており、レメディー選びに自信がない、忙しくて選ぶ余裕がない、または健康維持のためにサプリメント的に使用したいという方にも手軽にお選びいただけると思います。

|

« ◆Calc-carb.カルカーブ◆Calendulaカレンデュラ | トップページ | 【便秘】 »