« ホメオパシック クリーム | トップページ | ◆Calc-carb.カルカーブ◆Calendulaカレンデュラ »

2006年5月 7日 (日)

【打撲】・【捻挫】

GWでしばらくお休みしてしまい申し訳ありません。本日は、打撲と捻挫のレメディーです。打った患部に傷がないなら、Rクリームを塗りこむことを併用するのもよいと思います。

【打撲】

Arnicaアーニカ     ・・・・・まずはアーニカを与える。

Ledumリーダム    ・・・・・紫や青黒い患部。特に目の周りの打撲に。

Rutaルータ       ・・・・・骨(スネなど)の打撲。筋を違えたり、腱を痛めた時にも。

Hypericumハイペリカム ・・尾てい骨の打ち身や神経に沿って患部に痛みがある時にも有効。

捻挫とは、関節と骨をつなぐ腱などの一部が切れた状態をいいます。捻挫をした時は、動かさずにビニール袋に水と氷を入れたものをタオルに包み患部を冷やします。捻挫は突発的な急性症状ですので、10~30分おきにある程度落ち着くまでリピートしましょう。また痛みが強い場合は、骨折を疑わねばなりませんので、検査を受けましょう。

【捻挫】

Arnicaアーニカ     ・・・・・まずアーニカを与えることで、痛みや腫れを和らげる。

Bryoniaブライオニア  ・・・・・少しの動きでも悪化する激しい痛みに。

Rutaルータ       ・・・・・典型的な捻挫のレメディー。ラストックスと併用すると効果的。

Rhus-toxラストックス ・・・筋肉の痛みや熱を伴う腫れがある時に。

|

« ホメオパシック クリーム | トップページ | ◆Calc-carb.カルカーブ◆Calendulaカレンデュラ »