« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月27日 (土)

【乳腺炎・母乳の問題】

知人から乳腺炎についての質問があったので、突然ですが乳腺炎のレパートリーを紹介したいと思います。乳腺炎とは、産後1ケ月以内におこりやすく、乳首や乳房が赤く腫れたり、しこりや痛み、発熱が初期症状です。原因は、細菌が乳房に入って炎症をおこすだけでなく、お乳が出きらないためにおこることもあります。初産の場合、乳管の開きが悪いので、マッサージをしてお乳を出し切るようにしましょう。また乳頭を清潔にすることも大切です。水にCalendulaカレンデュラを1粒溶かした液体に脱脂綿を浸したもので、授乳の前後は乳房全体を消毒します。[※追記:新発売!HJマザーチンクチャーのカレンデュラは液体なので使いやすくおススメです。]レメディーは、BelladonnaベラドーナとBryoniaブライオニアがよいでしょう。

【乳腺炎・母乳の問題】

Belladonnaベラドーナ  ・・・・・ズキズキと熱を持ち、赤く腫れ、横になることで悪化する場合。

Bryoniaブライオニア    ・・・・・石のように硬く、動くと裂けるような痛み。痛みのある側を下にして横たわると好転。

Chinaチャイナ        ・・・・・授乳による体液喪失からの悪化、体力の消耗・衰弱。

Calc-carb.カル・カーブ ・・・・・水っぽくよく出るが、乳児が母乳を飲まない場合。母乳の質を向上。

Chamomillaカモミラ      ・・・・・乳首が裂け、痛みで敏感になっている人に。

※本日より、カテゴリーに■出産の問題を追加しました。

追記:他にも、18バースキット中のPhytolaccaファイトラカ(石のように硬く、授乳中に痛みが強い時や乳首が割れる時に)、36キッズキット中のBoraxボーラックス(授乳中・後の乳房の痛みや乳児が母乳を嫌がる時に)もよい。

|

2006年5月23日 (火)

◆Cantharisカンサリス◆Carb-veg.カーボ・ベジ

本日のレメディーは、スペイン蝿から作られたカンサリスと植物炭のカーボ・ベジです。主にカンサリスは膀胱炎とやけどに、カーボ・ベジは酸欠状態(息切れ・虚脱など)に使用します。

人体の各細胞は、栄養素(糖質・脂質・たんぱく質)を酸化して(酸素と反応させて)エネルギーを生み出し、生命活動を営んでいます。ゆえに生命維持には、栄養と酸素が不可欠です。しかし私たちが1回の呼吸で吸う空気量は約400~500mlで、この内酸素の量は21%にすぎません。深い呼吸ができていないと充分な酸素が取り込めず、浅い呼吸が習慣化されます。肺は自分でふくらむことはできないので、肺を取り囲む胸部の呼吸筋の収縮が必要です。しかし筋肉は使わないと衰えてゆき、現代人は慢性的な酸欠状態と言えるかもしれません。これは、運動不足や車・電化製品にたよる生活、大気汚染、タバコなどの悪影響もあるでしょう。酸化状態は、身体的エネルギーを低下させ疲れやすくするだけでなく、脳への酸素供給が減ることで、ストレス、めまい、集中力不足、肩こり、不眠などの誘因となります。

そこで、あなたは深い呼吸ができているかどうかをチェックする簡単なテストをご紹介します。

☆ 呼吸筋テスト ☆

用意するもの : ストロー・ティッシュ(2枚1組のものを3組)

テスト方法   : テーブルの上に3組のティッシュを広げて置き、ティッシュの中央にストローをあてて吸い上げます。

テスト結果   : 3組吸い上げられた人・・・・・十分に深い呼吸です

            2組吸い上げられた人・・・・・普通の呼吸です

            1組吸い上げられた人・・・・・やや浅め呼吸です

             1組も吸い上げられなかった人・・・・・きわめて浅い呼吸です

いかがですか?簡単そうで、意外と難しいのではないでしょうか。0~1組の方は、運動習慣をつけたり、その際は深い呼吸を意識するよう心がけたり、腹式呼吸や深呼吸を筋肉が動いていることをイメージしながらするのも有効です。まずはできることから初めてみませんか?

◆Cantharisカンサリス/スペイン蝿

膀胱炎・やけど・日焼け

精神:イライラと怒りっぽく、横暴で、落ち着きがない。物忘れがひどく、会話を簡潔に終わらせることができないタイプ。水の音や流れを嫌うこともある。

身体:激しい喉の渇きがあるが、水を飲みたがらない。ヒリヒリと焼けるように痛む症状に有効。血が混じる膀胱炎・排尿時の痛み・やけど・日焼けなどに使用。

悪化:排尿・冷たい飲物・コーヒー・接触

好転:擦る・暖かさ・冷たい物を患部にあてる

◆Carb-veg.カーボ・ベジ/植物炭

酸欠状態・虚脱・腸内に溜まるガス

精神:皮膚が青白く生気がない。無精・無関心で優柔不断。人前に出ることに臆病なタイプ。血液循環の悪い人やヘビースモーカーの人にも。

身体:胃の膨張感があり、オナラやゲップが多い。消化不良:・胃痛・吐き気・喘息・脳震盪・チアノーゼなどに有効。体が冷たいのに、外気を切望し、うちわなどで扇がれたいと思う人。

悪化:体液を失う(嘔吐・下痢・失血・多量の発汗など)・暖かさ・脂っこい食物・きつい服

好転:ゲップ・外気(冷気)・扇がれる

|

2006年5月16日 (火)

【便秘】

日常よくある症状ですが、その度合いはさまざまです。知人に11日間便秘が続いたという驚くべき人がいたり、私のように1日でないだけで気分が悪い者もいます。そこで、便秘の定義ですが、通常3~4日、便が大腸の中に停滞したまま排泄されない状態を便秘と呼びます。ただ排便回数には個人差があり、毎日排便がなくても苦痛を感じないこともあります。ですから一概に3日排便がないからといって、それだけで便秘とは言えません。不思議なことに、世の中には、便秘をしている方が体調がよいと感じる人もいるのです。ただ、排泄されるべきものは停滞させずに、少しでも早く排泄するのがよいと考えます。自分で不快感を感じるようであれば、まず便秘を防ぐ生活習慣と早めにレメディーで対処するのがよいでしょう。但し、改善がみられない、慢性的に便秘がち、下剤(たとえ薬草や服用以外でも)を常用していた、便秘に伴い他の症状がある場合は、ホメオパスに相談しましょう。下記に、便秘を防ぐ日常生活と急性の便秘のレパートリーをまとめましたので参考にしてください。

★便秘を防ぐ日常生活★

① 便意を感じたら、我慢せずにトイレに行く。

② 便意がなくても、毎朝トイレに入る習慣をつける。

③ 朝起きたら、必ず常温の水を飲む。また一日の水分摂取量に気をつける(1日にコーヒー・お茶・アルコールなどを含まない純粋な水だけで1~2ℓなどといわれたりしますが、無理のない範囲でよいと思います)。

④ 食事を抜かない、特に朝食は。

⑤ 食物線維の多い食品、ゴボウ・サツマイモ・豆類・キノコ類・海藻類・全粒粉・玄米を摂り、精製されたものや加工食品を避ける。

⑥ 果物や生野菜を摂る。

⑦ 適度な運動を心がける。

⑧ ストレスも便秘の原因となるので、できる限り解消に努める(難しいと思いますが・・・)

⑨ おや?、と思った時点で下記のレメディーに加え、肝じんかなめセット(朝は肝臓・昼は腎臓のサポートをするコンビネーションレメディーの2本セット)や前回お話したTSシリーズの23番(便秘のためのコンビネーションレメディー)を摂るのも有効。

【便秘】

Bryoniaブライオニア    ・・・・・便意のない便秘。水分を大量に摂取しても、喉が渇き、便も乾いて硬い。

Nux-vomicanナックスボミカ・・・・・便意はあるも、出ないもしくはすっきり出ない。普段から消化器系が弱い人や座りがちの生活の人に。

Sepiaシーピア        ・・・・・お腹に石があるような感覚があり、軟らかくても硬くても出にくい。残便感があり、妊娠中や出産後の人向け。

上記以外にも、Opiumオピウム(36キッズキットに入っている。便意がなく、数日間排便がなくても平気な人や下剤を服用していた人に)やKali-al-s.ケーライアルミナソーファー(36バイタルキットに入っている。下腹部にガスが溜まり、軟便なのに出にくい)もよいと思います。

|

2006年5月13日 (土)

ティッシュソルト(生命組織塩)

以前、ティッシュソルトのセットを例に「レメディーはいつ摂るのか?」(カテゴリー:Q&A、2006年3月29日)で触れたティッシュソルトについてお話したいと思います。

バイタルティッシュソルト(生命組織塩)とは、ドイツ人医師ホメオパス、ウィルヘルム・シュスラー(1821~1898年)によって考え出されたレメディーです。彼は、10種類の元素(カルシウム・カリウム・鉄・マグネシウム・ナトリウム・フッ素・ケイ素・リン・硫黄・塩素)から構成される12種類の無機化合物等(Calc-flourフッ化カルシウム・Calc-phosリン酸カルシウム・Calc-sulph硫酸カルシウム・Ferrum-phosリン化鉄・Kali-mur塩化カリウム・Kali-phosリン酸カリウム・Kali-sulph硫酸カリウム・Silicaケイ素)が人体を司り、この過不足により疾患が生じ、それを補うことで病を治すことが出来ると考えました。ここで使われるポーテンシー*は、12X以下の低ポーテンシーであり、市販のサプリメントのように物質的にカルシウムやカリウムを補うわけではありません。ごく簡単に言ってしまうと、バイタルティッシュソルトは必要なミネラルの過不足を身体に気づかせ、身体本来の機能である吸収を高めたり、過剰分を排泄したりすることで、崩れたミネラルバランスを整える働きをすると言えます。

最近はこれらがコンビネーションされたレメディーが多数販売されており、レメディー選びに自信がない、忙しくて選ぶ余裕がない、または健康維持のためにサプリメント的に使用したいという方にも手軽にお選びいただけると思います。

|

2006年5月10日 (水)

◆Calc-carb.カルカーブ◆Calendulaカレンデュラ

ホメオパシーの考え方のひとつに、根本レメディーと呼ばれるものがあります。これは子供が生まれもった特性と一致するレメディーのことで、特に代表的な4つのレメディーとして、Calc-carb.カルカーブ・Phosphorusフォスフォラス・Silicaシリカ・Sulphurソーファーが挙げられます。子供の根本レメディーは、その子の基本的な特性(体型・髪、目、肌の色など)や性格、一般的な基調(食物の好き嫌い・天候や気温などにどのように影響されるかなど)として表れる根本体質から見分けることが出来ます。子供の場合、その子の根本体質が把握できていれば、多くの症状に根本レメディーが役立つでしょう。しかし現在は、環境の悪化、食生活の乱れ、薬害などにより、子供でもバイタルフォースが弱くなり、根本レメディーだけでは症状を出し切れない場合があるようです。今回は、この根本レメディーの1つであるCalc-carb.カルカーブ・と市販消毒薬を使用しないホメオパシーにとって欠かせない消毒レメディーであるCalendulaカレンデュラのマテリア・メディカです。

Calc-carb.カルカーブは牡蠣の殻のことで、軟らかい自分を硬い殻で守る姿そのままに、デリケートで、傷つけられることに敏感な人です。ゆえに昨今の事件のニュースなど恐ろしく、見るに耐えられません。誰からも非難されたくないので、几帳面に仕事をこなしますが、自分には荷が重すぎると考えがちです。競争心や野心はなく、内向的でマイペースなタイプです。好物はゆで卵。子供の場合、発達(歯の生え始めや歩行)が遅めで、便秘ぎみ、風邪をひきやすいようです。

◆Calc-carb.カルカーブ/牡蠣の殻

成長期の子供のレメディー・骨や歯の問題

精神:予定が狂うのを嫌がり、やるべきことを終わらせないと遊べない、融通利かないタイプ。ゆっくりだが、こつこつ根気強く仕事をこなす。

身体:色白でぽっちゃり体型、または太る傾向のある人に向く。骨や歯のみならず、月経痛・不眠・こむらがえり・リンパの腫れなどに用いられる。子供に使用することが多く、乳歯が生える時の歯茎の痛みや熱、治りにくい骨折などに有効。

悪化:活動・濡れる・歯の生え始め・牛乳

好転:乾燥した天候

Calendulaカレンデュラ/キンセンカ

あらゆる傷の消毒・化膿止め・手術、抜歯、産後に

精神:恐ろしいことが起こるだろうと考える、体の冷たいタイプ。体も心も傷になりやすく、一見虚弱そうに見えるが、前向きでタフな面も。

身体:傷口が開いている、ズタズタに裂けた創傷に有効。傷の感染や化膿を防ぐ。擦り傷・切り傷・軽いやけど・あかぎれ・分娩、手術後やなかなか治らない傷に。レメディー服用と併せて、C(カレンデュラ)クリームを傷口に用いるとさらに良い。

悪化:湿気のある天候

好転:暖かさ・静かに横たわる

| | コメント (0)

2006年5月 7日 (日)

【打撲】・【捻挫】

GWでしばらくお休みしてしまい申し訳ありません。本日は、打撲と捻挫のレメディーです。打った患部に傷がないなら、Rクリームを塗りこむことを併用するのもよいと思います。

【打撲】

Arnicaアーニカ     ・・・・・まずはアーニカを与える。

Ledumリーダム    ・・・・・紫や青黒い患部。特に目の周りの打撲に。

Rutaルータ       ・・・・・骨(スネなど)の打撲。筋を違えたり、腱を痛めた時にも。

Hypericumハイペリカム ・・尾てい骨の打ち身や神経に沿って患部に痛みがある時にも有効。

捻挫とは、関節と骨をつなぐ腱などの一部が切れた状態をいいます。捻挫をした時は、動かさずにビニール袋に水と氷を入れたものをタオルに包み患部を冷やします。捻挫は突発的な急性症状ですので、10~30分おきにある程度落ち着くまでリピートしましょう。また痛みが強い場合は、骨折を疑わねばなりませんので、検査を受けましょう。

【捻挫】

Arnicaアーニカ     ・・・・・まずアーニカを与えることで、痛みや腫れを和らげる。

Bryoniaブライオニア  ・・・・・少しの動きでも悪化する激しい痛みに。

Rutaルータ       ・・・・・典型的な捻挫のレメディー。ラストックスと併用すると効果的。

Rhus-toxラストックス ・・・筋肉の痛みや熱を伴う腫れがある時に。

|

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »