« 【便秘】 | トップページ | 【乳腺炎・母乳の問題】 »

2006年5月23日 (火)

◆Cantharisカンサリス◆Carb-veg.カーボ・ベジ

本日のレメディーは、スペイン蝿から作られたカンサリスと植物炭のカーボ・ベジです。主にカンサリスは膀胱炎とやけどに、カーボ・ベジは酸欠状態(息切れ・虚脱など)に使用します。

人体の各細胞は、栄養素(糖質・脂質・たんぱく質)を酸化して(酸素と反応させて)エネルギーを生み出し、生命活動を営んでいます。ゆえに生命維持には、栄養と酸素が不可欠です。しかし私たちが1回の呼吸で吸う空気量は約400~500mlで、この内酸素の量は21%にすぎません。深い呼吸ができていないと充分な酸素が取り込めず、浅い呼吸が習慣化されます。肺は自分でふくらむことはできないので、肺を取り囲む胸部の呼吸筋の収縮が必要です。しかし筋肉は使わないと衰えてゆき、現代人は慢性的な酸欠状態と言えるかもしれません。これは、運動不足や車・電化製品にたよる生活、大気汚染、タバコなどの悪影響もあるでしょう。酸化状態は、身体的エネルギーを低下させ疲れやすくするだけでなく、脳への酸素供給が減ることで、ストレス、めまい、集中力不足、肩こり、不眠などの誘因となります。

そこで、あなたは深い呼吸ができているかどうかをチェックする簡単なテストをご紹介します。

☆ 呼吸筋テスト ☆

用意するもの : ストロー・ティッシュ(2枚1組のものを3組)

テスト方法   : テーブルの上に3組のティッシュを広げて置き、ティッシュの中央にストローをあてて吸い上げます。

テスト結果   : 3組吸い上げられた人・・・・・十分に深い呼吸です

            2組吸い上げられた人・・・・・普通の呼吸です

            1組吸い上げられた人・・・・・やや浅め呼吸です

             1組も吸い上げられなかった人・・・・・きわめて浅い呼吸です

いかがですか?簡単そうで、意外と難しいのではないでしょうか。0~1組の方は、運動習慣をつけたり、その際は深い呼吸を意識するよう心がけたり、腹式呼吸や深呼吸を筋肉が動いていることをイメージしながらするのも有効です。まずはできることから初めてみませんか?

◆Cantharisカンサリス/スペイン蝿

膀胱炎・やけど・日焼け

精神:イライラと怒りっぽく、横暴で、落ち着きがない。物忘れがひどく、会話を簡潔に終わらせることができないタイプ。水の音や流れを嫌うこともある。

身体:激しい喉の渇きがあるが、水を飲みたがらない。ヒリヒリと焼けるように痛む症状に有効。血が混じる膀胱炎・排尿時の痛み・やけど・日焼けなどに使用。

悪化:排尿・冷たい飲物・コーヒー・接触

好転:擦る・暖かさ・冷たい物を患部にあてる

◆Carb-veg.カーボ・ベジ/植物炭

酸欠状態・虚脱・腸内に溜まるガス

精神:皮膚が青白く生気がない。無精・無関心で優柔不断。人前に出ることに臆病なタイプ。血液循環の悪い人やヘビースモーカーの人にも。

身体:胃の膨張感があり、オナラやゲップが多い。消化不良:・胃痛・吐き気・喘息・脳震盪・チアノーゼなどに有効。体が冷たいのに、外気を切望し、うちわなどで扇がれたいと思う人。

悪化:体液を失う(嘔吐・下痢・失血・多量の発汗など)・暖かさ・脂っこい食物・きつい服

好転:ゲップ・外気(冷気)・扇がれる

|

« 【便秘】 | トップページ | 【乳腺炎・母乳の問題】 »